{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

お裾分けセット 洋食に合うお米(海外観光客向けラベルデザイン) 40袋入り

残り2点

17,200円

送料についてはこちら

【お裾分けセット 洋食に合うお米】 洋食に合うお米  お米2合300g お茶碗約4杯分 40袋 (訪日外国人観光客向けデザイン) お裾分け用に お米のおいしい炊き方が書いたパンフレット40枚と 当店のお米のリーフレット40枚とオリジナルレジ袋40枚付きです。 配送料込み お米の保存方法 冷暗所 お米はお野菜と同じ生鮮食品のため、 明確な賞味期限はございません。 真空パック製品ですので通常よりも長期保存可能ですが おいしくお召し上がりいただける期間として、 精米年月日より75日以内をおすすめしております。 日本で独自に発展したルーツを持つ洋食は、白米との相性が抜群! 日本人ならハンバーグをひとくち食べて、「ああ〜白いご飯が欲しい!」と天を仰ぐ方がほとんどではないでしょうか。 洋食に寄り添う縁の下の力持ち。それが「お米」です。 サンドイッチの具材がどんなに美味しくても、パンが美味しくなければ味気ないように、洋食に添えられるお米もなんでも良いというわけではありません。 今よりもっと洋食に合うお米を探して、みなさんにもっと洋食を楽しんでいただきたい!そう考えて、お米で有名な「八代目儀兵衛」さんにご協力をお願いしました。 京都・祇園や東京・銀座という、一流がひしめくエリアに店舗を構える「八代目儀兵衛」さん。店の前には行列ができるほどの人気店です。最近では、某コンビニのおにぎりを監修されており、名前を耳にする方も増えたのではないでしょうか。 洋食の濃いソースとご飯との相性を最優先に考えた、グリルにんじん専用の洋食米。今の季節は、にこまるというお米を中心に、2種類の国産米がブレンドされた逸品です。 またパッケージデザインを担当していただいた「株式会社サノワタルデザイン事務所」さんは、グラフィックデザインを軸に、内装デザイン・パッケージデザインなど様々な領域で素敵なデザイン・企画を手掛けられています。ついつい足を止めて、手を伸ばしてしまうような魅力的な作品が多くあります。 イラストを描いて頂いたのは、「川村淳平 KAWAMURA JUMPEI」さん。 コピック(アルコール性マーカー)で描かれた細かな切り絵のパーツを、プラモデルのように貼り合わせる独自のスタイルで、ジャンルに捉われずに活動をされています。これまでには、りそな銀行のキャッシュカードデザインや、NISSAN WINGROADキャンペーンのヴィジュアル等、ガリガリガリクソンのイベントチラシなど、数々な作品を手掛けられています。 今回は、京都の代名詞「舞妓さん」と、今プロジェクトのメインである「お米」をテーマにデザインして頂きました! 舞妓さんといえば日本人ですが、お米が主食でない欧米人があえて描かれています。「世界に洋食文化を知ってもらいたい」グリルにんじんにとっても、とてもインパクトのあるデザインに仕上げて頂きました。 よく見ると簪(かんざし)の代わりにカトラリーが描かれていたり、着物には「グリルニンジン」の文字が!! 店名にちなんで、うさぎが人参から顔を出しているのもとても愛らしく、思わず顔がほころびます。 他にも2つのデザインがあり、どちらか選んでご購入することもできます。

セール中のアイテム